株式会社Sieg

大阪市で介護職の求人を行いこの募集に関心のある方が応募前に気になりやすい点に回答

お問い合わせはこちら 求人応募はこちら

採用Q&A

正社員・登録ヘルパーの募集への応募前のご不明点に回答

Q&A

拠点を大阪市中央区に移設して訪問介護・訪問看護・訪問リハビリサービスの提供に尽力する中、これまで以上に多くのご利用者様に安心と笑顔をお届けするために、新しい職員の求人を行うことになりました。この募集に関心を持ってくださった方々が、面接への応募前に気になりやすい点に対して、事前にお答えいたしました。交通費の支給規定の有無・訪問時には自転車と車どちらを使用するのか、直行直帰はできるのかなど、気になることがある際は気軽にご参照いただけますと嬉しい限りです。

Sieg Home Visit Care(訪問介護)の特徴は何ですか?
Sieg Home Visit Careは、介護職のほとんどが介護福祉士(国家資格)であり、在宅での訪問介護経験が豊富な人材が揃っているのが特徴です。認知症ケア、重度な身体介護を得意としております。
また、自立支援に特化した介護計画を立案し、ご利用者の「できる」を決して奪うことなく、本人様・家族様の意向を十分に尊重した介護をさせていただいております。
サービスの大半が身体介護を含んでおりますので家事援助が中心の訪問介護事業所とは色合いが大きく異なります。
Sieg訪問看護ステーションの特徴は何ですか?
在宅経験が豊富な看護師とリハビリテーション職(PT・ST)がそろっていることが最大の特徴です。重度な方から軽度な方まで、幅広いニーズにご対応させていただいております。ご利用者への支援はもちろんのこと、家族を含めた家族支援にも力を入れさせていただいております。
男女比は半々で、看護師は大半が女性、セラピストは大変が男性です。
訪問が未経験なのですが大丈夫ですか?
もちろん大丈夫です!
Siegで働く職員も大半は訪問未経験からのスタートですのでご安心ください。
丁寧に先輩が同行訪問を繰り返し教育に当たらせていただきます。
1日の訪問件数はだいたい何件ですか?
訪問介護はサービス時間が30分〜2時間近くになることもあり、一概に件数でお伝えすることは難しいですが、平均すると5〜6件ぐらいになります。
副業はできますか?
Siegでは副業を推奨しております。
より豊かな生活の実現のために、本業へ影響が出ない範囲であればどんな副業をしていただいても構いません。
むしろ、副業をしていただくことで新たな価値観が生まれたり、学びになったり、生活にゆとりが出たりするので、素晴らしいことだと考えております。
残業はありますか?
Siegではほぼ残業は無いと考えていただいて結構です。理念にもあるように、「自愛」を大切に、職員一人ひとりのOFFの充実にも力を入れているため、だらだら残業をするような風土は一切ありません。
残業が考えられる場合は、在宅訪問サービスの特徴である月末月初に数時間残ることぐらいです。ただ、それも1日のスケジュール内で計画書や報告書の作成ができるようシフト調整をしているため実質ほぼ残業はない状態です。
直行直帰はしていますか?
訪問スケジュールにより、直行直帰する場合もございます。
必ず事務所に出勤してからの訪問と決めているわけではなく、その日のスケジュールにより決めております。
職員の男女比を教えてください。
(2/15現在)男性7名:女性14名です。
男性も女性も家庭を持ち、子育てをしている人たちが多いのが特徴です。
訪問手段を教えてください。
Siegでは中央区・天王寺区を訪問エリアとして絞り、超地域密着型の訪問を実現しております。
そのため、移動は「電動自転車」を用いておりますので、坂道なども楽々です♪
昇給はありますか?
もちろんあります!入職初年度は昇給はありませんが、勤続年数1年を超え、年度をまたぐタイミング(毎年4月)で昇給をします。
ただし、人事考課をもとに昇級を行いますので、昇給幅は各個人で異なります。

もし本気でご利用者様目線に立った訪問型の福祉サービスの提供に従事したいとお考えの方は、フルタイムで働ける方から家事や育児と両立して時短勤務したい方まで、幅広く採用を検討いたします。特に近年は看護師不足が懸念される中で、育児やご両親の介助などに追われて職場復帰できない看護師資格を持つ方も多くいらっしゃいます。そのようなご事情がある方も、看護師資格を活かしてフレキシブルに働ける環境を株式会社Siegはご用意いたしました。こうして看護師不足の解消に向けた雇用の創出にも取り組んでおります。
その中で、実際に面接へご応募する前に、待遇面に関してご不明点がいくつか浮かぶ方も、きっと多いのではないでしょうか。訪問型の福祉サービスのため、自宅から直接ご利用者様のご自宅に出勤できるのか、気になることもあるかもしれません。また、介助の資格を未取得でも応募できるのか・未経験でも応募できるのか・ブランクがあっても大丈夫だろうかといったことも、応募前の確認が重要な要素です。このように、応募間に何か気になることがある際には、気軽に事前回答をご確認ください。その事前回答になかったご不明点については、お電話や実際の面接時のご質問ももちろん歓迎いたします。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。